朽木に革をプラスする

滋賀県高島市朽木にて、革製品つくっています。革に関することから、全く関係ないことまで好き勝手に書いています。作家名 K+(ケープラス)

道具 -定規-

先日、レザークラフトフェニックスさんの講習に参加して色々とタメになるお話を聞いてきたのですが

「技術の前に知識

という言葉があり、革に対する知識や道具について改めて考えて、材料の比較検討をしたり、新しい道具を入手しております

 

今回は革の裁断の際に使う定規について

 

クローバー カッティング定規 20cm

f:id:k-plus-kutsuki:20180426171115j:plain

刃物を当てるところは、ステンレスになっているので、刃物が食い込む心配はありません

f:id:k-plus-kutsuki:20180426171313j:plain

エッジをステンレスにしている定規は他にもありますが、クローバーだけと思われるのが、幅6cmのうちステンレスエッジ側の裏側2cmに滑り止めがついています

f:id:k-plus-kutsuki:20180426171521j:plain

商品説明では、布がずれないと書いてありますが、革でも滑り止めがある面のほうが多少は滑りにくくなっていると思います

 

裁断に使う定規は厚みがあるほうが、刃物が当たる部分多くなるほど安定するので、厚みがある定規がよいと思います

この定規の厚みは3mmなので、今まで自分が使っていたものと比べると歴然の差が、、、

 

今回は20cm以下の短めの定規が欲しかったので、こちらにしましたが30cm以上の定規となると、シンワの定規もステンレスエッジで厚みは5mmとのことなので、オススメです

 

今後はこんなことも書いていこうかなと

決して業者の回し者ではございません(笑)

それにしても欲しい道具で増えてしまって、出費がかさむ、、、